幼い子供の遊ぶ時間を削って勉強をさせて小学校受験をさせるのは可哀そうだと考える人もいますが、最近では子供の数が少なくなっていますので手もお金もかけて後々の進学を楽にしてあげたいと考える親も増えているようです。実際に小学校受験をして無事に合格すると、その後は中学校・高等学校・大学と内部試験だけで進めるようなところも多いので、受験戦争に巻き込まれない分自分の好きなスポーツに打ち込んだり習い事に時間をかけることもできます。他にも受験をすることで多くのメリットが得られますので、まずはそのメリットを確認してデメリットも考慮しながら決めていくことが大切です。早くから質の高い教育を受けさせたいという場合には、やはり私立の小学校を選択した方が良いと言えます。

教師の質が高いことが大きなポイント

優秀な子供を育てるには、質の高い教育を受けるための落ち着いた環境が必要です。近年では教師の質の低下による学級崩壊などもたびたび起こっていますが、私立の小学校では教育熱心な先生が指導に当たりカリキュラムも充実していますので、それぞれの力を最大限に伸ばすことが可能です。公立の小学校と違って教師の転勤がないところも大きなメリットであり、良い教師が他の学校に移動してしまうようなことがありませんし、教師の方もずっと関わっていくため強い責任感を持って指導に臨むようになります。よく私立に通う小学生は落ち着いていると言われますが、これも指導がきめ細かに行われている証拠であり、通わせている保護者の多くも教育熱心であり積極的に学校に関わることが深く関係しています。

安定した友人関係を築きやすいという面も

私立の小学校を受験する際にはレベルだけでなく校風や雰囲気までチェックします。ですから、その子供に合った小学校に入ることができれば似たような個性や考え方を持つ人たちと安定した友人関係を築くことができます。家庭環境も同じような状況であるケースが多く、一クラスの人数も少ないので密な人間関係が築けて充実した学校生活を送れます。小学生のうちは人間関係を学ぶことが非常に重要なのですが、最近では学級が荒れてしまって授業が中断されるようなケースも多く見受けられますので、人間関係で悩むリスクが低いのは注目すべきポイントです。入学してから中学校、高等学校と一緒に進学していくうちに結束が固くなり、一生を通して付き合えるような友人が見つかることが多いのは私立の小学校です。

想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 年中児・年長児・1才児・1才児など、年齢に合わせて最適な教育が用意されています。 小学校受験合格のための【伸芽会】独自のカリキュラムがあります