最近、学力低下や学校ごとにある格差などの問題がニュースになっています。なるべく良い環境で子供を育てたいと考え、私立の小学校を受験させようと考えるご両親も多くなっています。しかし、私立の小学校の受験は中学受験や高校受験、大学受験と比べると特殊な問題が多いため、一般家庭の人たちは子供を塾に通わせたりしなければならないでしょう。かなりの労力が必要な小学校受験を失敗しないため、気をつけなければならない事はたくさんあります。そこで、今回は子供の受験をするにあたり、失敗しないためにも知っておいた方が良い情報をご紹介します。今後、お子さんを私立の小学校に入学させたいと考える人の参考になるよう、勉強やお子さんのケア、ご両親が気をつける事について述べます。

お子さんのモチベーションを保つ

まず、必須条件として、お子さんのやる気を引き出すことです。受験勉強は大体、幼稚園の年中あたりから始める家庭が多いです。お子さんを塾に入れて勉強させ、幼稚園から帰った後もお友達とは遊ばずに勉強をするというような生活になります。まだ、良い学校へ行きたいという考えを持たないお子さんが、周りの友達と違い遊びに行くことができないという事にストレスを感じてしまうと、モチベーションが下がってしまうでしょう。そこで、お子さんが試験当日までやる気を落とさないためにも、楽しく学べる教材を使用するための投資は忘れてはいけません。遊びながら学べる工夫は必要です。また、友達と遊ぶ時間は週に数日は作りましょう。人と関わる事も子供にとっては学びなので、決して勉強しかしない生活にしてはいけません。

小学校受験には親も気をつけなければならない

お子さんのモチベーションを保つことも、受験を失敗しないために必要な点ですが、ご両親も気をつけなければならない点は多いです。まず、お子さんにプレッシャーを与えるような発言は控えなければなりません。親が勉強をさせているため遊ぶ時間が少なくなってしまっている子供に、もっと勉強しなければ落ちる、などの言葉は厳禁です。また、親子面接の際は子供の身なりだけではなく、親の服装や性格、親子でコミュニケーションがしっかりと取れているかなども見られます。好印象を与えるような服装に気をつける事はもちろん、普段から子供に信頼されるように親子で遊ぶ時間を作ることで、親子面接のときに自信をもってのぞむことができるでしょう。以上、小学校受験で失敗しないための情報をご紹介させていただきました。